VI ベガプラスの戦略  

スクリーンショット 2015-05-23 8.00.36

VIが低い状態。

今後を考えるとベガプラスの戦略を考えてみよう。

SQの受け取りプレミアムにはあまり期待しない戦略とします。

現在のN225 =  20370円

現在のポジションは下図だとする。

スクリーンショット 2015-05-23 8.02.36

コール側は良いが、プット側をなんとかしよう。

ちょっとその前に、現在でデルタを0にするように調整すると

スクリーンショット 2015-05-23 9.55.55

こんな曲線になることも頭に入れておく

戦略は3つ考える

1) バタフライの売り

2)バックスプレッド

3) カレンダー

いずれもベガがプラスの戦略である。単純にプットの買いは検討しない。

1)期先のバタフライの売り、中間権利行使価格を約500円はなれたところで作成 (ATMにかからない程度に近いところで作成)

P20000  売1 350円
P19750  買 2    255円
P19500  売1    200円
合計      200+350-(255*2)=550-510=40円のプレミアム

スクリーンショット 2015-05-23 9.40.33

一応ベガもプラスにはなっている。 OTMで組むとベガがマイナスになるので注意!

元の条件に合算し、デルタ調整すると。。

スクリーンショット 2015-05-23 9.42.50

期先で組みましたが、ガンマもベガもあまり変わらず、曲線がゆるくマイルドになった印象です。元の曲線をデルタゼロにした図とほとんど変わりないね。 smiley

2) バックスプレッド

ここではあまりSQのプレミアムに期待しないよう幅を小さくして組んでみます

P19500     売 60円
P19000    買2 26円
合計 60 -26*2=60 -52  = 8円 (この程度じゃ、手数料で消えるねsweat_smile

スクリーンショット 2015-05-23 9.53.03

合算してデルタ調整すると。。。

スクリーンショット 2015-05-23 10.03.30

まぁ、デルタ調整だけの時よりは良いね。 wink

3)カレンダー

期先を買って不利になるような気持ちになるが、、sweat

SQの曲線を気にするより今の曲線に注目しましょう

期近P19750     売 95円
期先P19750    買 255円

合計 90-255=-165円

スクリーンショット 2015-05-23 10.12.34

こんな図、確かにベガはプラスである。

合算すると

スクリーンショット 2015-05-23 10.15.42

デルタゼロにしても下ぶれリスクはプレミアムを支払う分を考えてもなぁ。。 open_mouth

ちなみに単騎でプットを建てると

P19000   買2 26円

デルタ調整して

スクリーンショット 2015-05-23 10.25.16

あらら。。元の図とあまり変わらないね。下値にちょっと余裕が出ただけ。 プレミアムは損で待機ですしねぇ。

 

なんだか調整は幅の少ないバックスプレッドがやり易いなぁとの印象でした。

この記事が「いいね!」の場合はクリックお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*